終わらない夢

最近、好きな草花に囲まれて仕事をしたいという願望を抱くビジネスパーソンたちが、転職を機会にフラワーアーティストやフラワーショップ店員、フラワーデザイナーといった、草花に関する職業に就職する記事をみかけました。たしかに私の周囲の人々からもそのような願望を耳にする事がありますが、その多くは、その夢を実現するまでには至っていないのが現状です。転職サイトなどで「フラワーアーティストに転身しました」「フラワーデザイナーとして人生を再出発しました」などというような成功体験談を目にして「自分にも可能性があるのかもしれない」というように自分たちの夢に向かって可能性を広げ、チャレンジしたいという気持ちを刺激された友人も多くいるようです。ですが現実には、経済的な安定を優先する事で、夢は夢の範疇として捉える友人らが多いのも事実でしょう。フラワーアーティストというの世界というのは幅広く、中には資格などを持っていないという人も多くいるようです。こういったことを耳にすると、もし今現在、何かの理由で再スタートが切れない状況であっても、その夢を抱え、ゆっくりでも確実に準備をしておくことができれば、その夢は自分次第で叶えることができると言えるのではないでしょうか。夢のまた夢の職業であったとしても、あきらめることはないも言えるのがこの世界の素晴らしいところとも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です