フラワーアーティストの存在感

ごくたまに「フラワーアーティスト」という職業が実際には存在しないと思っている人に遭遇することがあります。どうしてそのような思考になるのか見当もつきませんが、フラワーアーティストが活躍する場は数多く、以下のような幅広い環境からでの需要があるお仕事ということを話してみると、世界が広がるような感じがすると仰ってくれる人が多くいるのも確かなようです。
●フラワーショップ
●結婚式場
●ホテル
●レストラン
●イベント会場
●葬儀場
●専門学校
●カルチャースクール
●百貨店などのショーケース展示
●コンサート会場の装飾

以上のように、様々な場面でフラワーアーティストはその活躍と才能を必要とされていることがお分かりいただけるでしょうか。フラワーアーティストが扱う草花は生き物ですので、その鮮度を保てるような専門知識に加え、アーティストとして、その作品としての、演出やコーディネートを発案するようなエネルギッシュな一面が必要となるでしょう。表向きは頭脳や感性が主軸となるインテルジェンスな職業に見られがちですが、草花の運搬、関連するオブジェの運び入れなどフラワーアーティストの裏方作業は、体力勝負とも言われています。フラワーアーティストとしての表舞台の顔は、煌びやかで華やかなイメージがありますが、裏方では、体力勝負な運搬作業や材料の仕入れ、草花の鮮度維持する為の水仕事や土臭い作業に携わっている事がほとんどなのだそうです。皆さんが思い描くフラワーアーティストのイメージとは、どのようなものでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です